学生のための低コスト美白 | プチプラ&正しいケアで白肌ゲット!

つい、油断して肌が日焼けしちゃったときのアフターケアは?

Whitening for teens that do not spend money.

学生のための低コスト美白TOP > 学生美白のQ&A >うっかり日焼けしちゃったんだけど?

メラニンが生成される48~72時間以内に美白成分を与える!

メラニンが生成される48~72時間以内

人間ですから毎日パーフェクトに紫外線対策するというのも難しいもの。ついうっかりして日焼け止めを塗り忘れてしまうということもあると思います。

そうしたときの対処方法として1つ覚えておくといいのがパウダーファンデーションはUV機能の表示がなくてもUVカット効果があるということ。パウダー(色粉)が紫外線散乱剤と同じ働きをしてくれるんですね。

なので、もし手元に日焼け止めがなくてもパウダーファンデーションやルースパウダーがあれば少なくとも何も塗らないよりは紫外線に対処ができるということです。

日焼けしてしまった肌のスキンケアですが、とりあえず紫外線を浴びてから数えて3日間は、アズレンやハトムギといった抗炎症作用のある成分が入った化粧水で炎症を抑えつつ、美白成分がしみ込んだシートマスクを使ってメラニン生成を抑える集中ケアをするようにしてください。

メラニンが生成されるメカニズムとして紫外線を浴びてから48時間後(つまり3日目)から一気に大量放出されるということがわかっているので、 48時間以内に美白成分を投入すればメラニン生成をある程度防ぐことができます。(※48時間以内に1回、美白成分を肌に与えるというのは美白ケアにとって肝になる部分です。)

美白シートマスクを使って美白成分を肌に与えた後は、とにかく早く寝てください。肌の再生修復は夜寝ている間に行われるのでその時間を確保しないといけないからです。 日焼けしてダメージを受けた肌を早く回復させたいのなら睡眠はたっぷりとるようにしてください。

若い肌であれば、紫外線を浴びてから3日間、美白シートマスクと睡眠をとるという2つで日焼けをある程度防ぐことができると思います。後は自然に任せてください。 ただ、表皮に放出されたメラニンをできるだけ早く排出したいのであれば4日目以降、角質ケアを取り入れて肌のターンオーバーを促すようにしてください。

年齢を重ねるほど、うっかり日焼けの後はメラニンを排出するための角質ケアが重要になります。

赤くなったり、ヒリヒリした痛みがあるときはどうするの?

赤くなったり、ヒリヒリした痛みがあるときは?

上で紹介した日焼け後のケアというのはあくまで肌を紫外線にさらしてしまったという場合のみ使える方法であり、 1日中、海で過ごして、肌が赤くなったり、ヒリヒリするなど炎症を起こしてしまっている場合には使えません。

肌が炎症を起こしてしまうほど日焼けした場合、最優先すべきは肌の炎症を鎮めることを最優先にします。そのためにはとにかく冷やしてください。

肌用の氷嚢があるのでそれを使うと日焼けした患部を冷やしやすいと思いますが、タオルに巻いた保冷剤でもOKです。炎症を放置すると水ぶくれができたり、 炎症の刺激が加わることでメラニンが生成されて色素沈着ができやすくなります。

というか全身を激しく焼いてしまった場合は、均等に冷やすことが難しくなるので肩や背中といった部分に色素沈着ができるのは避けられないと思います。

日焼けによる炎症が鎮まるまでにはある程度の時間がかかります。化粧水がしみて使えない間はまだ炎症している状態だと思ってください。 この間は美白化粧品は使えないので肌触りが柔らかい乳液やクリームを使った保湿ケアを行うようにします。

肌が炎症を起こし、カラカラに乾いている状態の肌に美白成分を届けても美白効果を発揮することはないので肌を元の状態に戻すためにとにかく保湿を優先します。 美白化粧品が使えない以上はメラニン生成を抑制することはスキンケアではできないので、美白サプリを飲むぐらいしか方法はありません。効果ははっきりいって「?」です。

肌が日焼け前の元の状態に戻るまでにはだいたい4週間かかると思ってください。日焼けしてしまってから約1か月経ってからやっと美白ケアと角質ケアができるようになるので、 黒くなってしまった肌を入れ替えるために肌のターンオーバーを促進するようにしましょう。

メラニンの排出ケアをすることでなんとか肌色は戻るかもしれませんが、紫外線による肌ダメージは消えませんからこうした炎症をともなう日焼けが繰り返されるようであれば確実に肌老化を早めてしまうことになるので、注意するようにしてください。

「学生美白のQ&A」その他メニュー