学生のための低コスト美白 | プチプラ&正しいケアで白肌ゲット!

色黒でも透き通るような白い肌になれるの?

Whitening for teens that do not spend money.

学生のための低コスト美白TOP > コラム >色黒はどこまで肌が白くなるの?

色黒や色白は遺伝。美白ケアにも限界がある

色黒や色白は遺伝

肌のキメの細かさや肌色といった美白にかんする肌質は基本的には生まれつきです。

他にも毛穴の大きさや皮脂の分泌量、皮膚の薄さ、紫外線による肌ダメージの再生修復力といったものも遺伝でほぼ決まっているものです。 芸能人ではきゃりーぱみゅぱみゅさんの肌の白さが目を引きますが、あのレベルは完全に遺伝によるものだと思います。

以前、テレビで本人が紫外線対策には凄く気を使っているといっているのを聞いたことがありますが、 あそこまで肌が白い人というのは、美白のために紫外線対策をしているというより、紫外線に極端に弱い肌質だからというのが理由だと思います。

日光過敏症に近いんじゃないでしょうか。確認してませんが。

問題は誰でも頑張って美白ケアをすれば、きゃりーぱみゅぱみゅさんぐらいの肌の白さになれるのかってことなんですが、結論いうと無理です。

いわゆる色黒の人というのは色白とは逆で生まれつきメラニン量が多いため肌色が暗く見えてしまう人のことです。色黒であることを気にしている人もいると思いますが遺伝ですから美白を頑張ったところでどうしようもありません。運命だと思ってあきらめたほうがいいです。

その人にとっての肌の白さの限界は二の腕の内側やお尻など紫外線にほとんど当たらない部分の肌の色というのが通説です。色黒の人でも美白を頑張れば今より白くなることはできるかもしれませんが、二の腕の内側やお尻の肌以上に肌を白くするというのは無理だと思ってください。

これを読んでいる人のなかには色白に生まれたかったと嘆いている色黒の方もいると思いますが、色黒は紫外線に強い分、シミやシワができにくいというメリットがあることも忘れないでください。 40代ともなれば色白肌の人は肌老化のオンパレードといった感じですが、色黒肌の場合、シミもシワもないことは別に珍しいことではありません。一長一短あるってことですね。

シミのできやすさは遺伝する~早いうちからUVケアを

シミのできやすさは遺伝する

色黒、色白が遺伝であることからもわかるようにシミのできやすさは遺伝します。

両親のどちらの肌質を受け継いだかで判断することになりますが、親がシミに悩んでいれば自分もシミに悩む可能性は非常に高いといえます。

親に似て、肌が白く、キメが細かいという人の場合、色白でチヤホヤされているのは20代までで、紫外線対策を怠れば30代以降、シミ・そばかすで大変なことになると予想できるので、 できるだけ早いうちから紫外線対策をするようにしてください。

最近は紫外線が及ぼす肌への影響が一般的にかなり認知されていることもあって、赤ちゃんや幼児のうちから外出する際は日焼け止めを塗ったり、お風呂あがりに保湿ケアしてあげたりとスキンケアを意識している親が増えているそうです。

これにはいい面もあれば悪い面もあります。

プラスに働く面としてはやはり肌に蓄積される紫外線ダメージを減らすことができることです。10代で一生分の半分の紫外線を浴びるといわれているので、 それを減らしてあげるというのは将来の美肌への投資になります。まぁ台無しにされる可能性もありますけどね。

悪い面はというと、赤ちゃんのデリケートな肌には日焼け止めは負担が強いということです。大人と比べて肌の厚さが半分程度しかないので外部刺激にも弱いのが赤ちゃんの肌で、 ベビー用の日焼け止めを使ったところで刺激になってしまうのは変わりません。

紫外線が強い10~14時の間は外出しないとか、UVカット機能のある衣服を着せるとか、帽子をかぶせるとかそうした地道で手間のかかるUVケアのほうが赤ちゃんや幼児のデリケートな肌を考えると優先したほうがいいです。

日焼け止めそのものは肌にとって負担をかけてしまうものです。紫外線の害に比べればまだマシといういわば必要悪なものなので、使わないに越したことはありません。 特に肌が弱い赤ちゃんや幼児、敏感肌の人はそうです。ただ、現実問題として家のなかでずっと過ごすわけにはいけないので肌にできるだけ負担をかけないような日焼け止めを選び、肌にやさしい使い方をするということが必要になるわけです。

「コラム」その他メニュー