学生のための低コスト美白 | プチプラ&正しいケアで白肌ゲット!

髪を染めると髪や頭皮が紫外線にやられっぱなしになってしまう!?

Whitening for teens that do not spend money.

学生のための低コスト美白TOP > コラム >髪を染めると紫外線に弱くなる!

髪を染めている方はすぐに黒髪に戻すように!

髪を染めている方はすぐに黒髪に戻すように!

ここ最近は黒髪ブームということで髪を染める人が減ってきているようなんですが、こうしたおしゃれは時とともに移ろうものなので、 またしばらくすると髪を染めることが流行りだすかもしれません。

今後、再び髪を染めるのがブームになっても、これを読んでいる方はぜひ染めることがないようにお願いします。せっかく生まれ持った紫外線に強い髪をあえて自分から脆くして、 髪や頭皮トラブルの要因を作ってしまうというのは愚の骨頂だからです。

紫外線は肌の奥まで入ってくることからも明らかなように髪のキューティクルの層も簡単に通り抜けて髪内部に入り込んできます。

ただ、もともと黒髪である日本人の場合は髪内部にメラニンがたくさん存在するため紫外線に対する防御力が強く、それほど深刻なダメージを受けずに済んでいるんですね。

しかし、髪を染めてしまうと、染色するためにメラニンを分解して脱色させる必要があるので、メラニンがなくなった紫外線に弱い髪になってしまいます。 キューティクルが破壊されてしまうだけでなく、髪内部の組織や構造まで紫外線によって破壊されるので質感の悪さや枝毛、切れ毛が多発するようになってしまいます。

また、黒髪によって守られていた頭皮にも、これまで以上の紫外線ダメージが蓄積されてしまうことになるで頭皮の日焼けはもちろん、抜け毛や薄毛、それから白髪などにも影響すると考えられます。 髪や頭皮に自分でダメージを与えて、老けさせておきながら、美容室でトリートメントをしてダメージケアするなんて滑稽なことですよね。

とにかくむやみやたらに髪を染める(=メラニンを無色化する)ということは髪と頭皮のことを考えると止めておいたほうがいいです。すでに染めてしまっているという場合は、 UV防止ヘアスプレーや帽子を使って紫外線から髪と頭皮を守るように徹底してください。

顔以外の紫外線対策のポイントを伝授

顔以外の紫外線対策のポイントを伝授

顔だけ紫外線対策をしてもダメなのは手がシワシワだったり、首元や胸元に横ジワができておばあちゃん肌になっている人をみれば明らか。 服で隠れる部分まで日焼け止めする必要はないと思いますが、顔と同じく露出する部分はUVケアは必須です。

露出する部分が多いほど日焼け止めを塗る部分が増えるので紫外線対策は時間も手間もかかるようになってきます。 できるだけ紫外線対策の手間を省こうと思ったらやっぱり一番は露出を減らすことになります。

とはいえ、露出してセクシーに魅せたい願望も女性にはあると思います。

この辺のバランスが難しいところですが、とりあえず髪・首&デコルテ・うなじ・手の甲の4部位には日焼け止めは必須です。あとは露出に応じて腕や足もという感じになると思います。

顔と比較した場合、髪や頭皮は顔の4~5倍の紫外線を浴びていて、首回りやデコルテ、手の甲はだいたい顔と同じぐらいの紫外線を浴びているといいます。 年齢があらわれやすい部分=紫外線を浴びている部分なので塗り残しがないように気をつけないといけません。

そしてできれば日焼け止めにプラスして、つばの大きい帽子や日傘も利用してください。

身体は顔よりもターンオーバーが遅いので一度シミができてしまうとなかなか消えません。シミを排出するために角質ケアをしようにもデコルテと背中以外は皮脂が少ないので乾燥してしまいやすいですし、 ゴシゴシ擦ることで肌のバリア機能が低下して余計に紫外線ダメージを受けやすい状態にしてしまいます。

身体の美白も顔と同じで予防が重要になりますが、範囲が広い分スキンケアだけで対応するのは大変です。そのため、つばの大きい帽子や日傘も利用してほしいわけですが、若い人の場合、ちょっと恥ずかしいという人もいると思います。 そういう人は、ビタミンCを積極的に摂取して抗酸化体質になることで紫外線に対して全身の抵抗力を高めておかないといけません。

「コラム」その他メニュー