学生のための低コスト美白 | プチプラ&正しいケアで白肌ゲット!

肌の状態と美白成分と肌の相性で美白効果は左右される

Whitening for teens that do not spend money.

学生のための低コスト美白TOP > 美白コスメの選び方 >美白が効く効かないは肌の状態と相性に左右される

肌のバリア機能が低下していると美白が効かない!

肌のバリア機能が低下していると美白が効かない!

頑張って美白ケアしても全然効果を実感できないという人は多いです。 それもそのはずで日本人の7割もの人が程度の差はあれど乾燥肌やあるいは敏感肌といったバリア機能が低下した肌状態だからです。

「乾燥がすべての肌トラブルの原因になっている」というのはスキンケアでは常識ですが、美白においても例外ではありません。 乾燥している肌はキメがなく、肌表面が毛羽立って光が上手く反射できないので透明感がありません。

さらに付け加えると肌のバリア機能が低下しているため紫外線やその他の外部刺激の影響を受けやすいので普通肌と比べて炎症を起こしやすくメラニンが発生しやすくなっています。 そのせいで美白成分をあたえてもメラニンが生成される量やスピードに相殺されてしまって効果を実感できないんです。

敏感肌になるとその傾向は一層目立ちます。そもそも美白コスメが刺激になって使えないということも多いですし、日焼け止めも同様です。 美白のための攻めのケアも守りのケアもできないので、普通肌に比べて肌老化も早いですし、シミやくすみが目立ってしまいがちです。

美白を効かせるためには美白が効く肌環境作りが大切だということはここ最近、話題になっていてその影響から保湿力の高いバリア機能を修復する保湿成分を含んだ 美白コスメが増えてきています。一昔前にはなかった敏感肌用の美白コスメも増えているのもその流れの1つといえます。

若い学生の皆さんが気をつけないといけないのは間違ったスキンケアや生活習慣の乱れによる乾燥や肌荒れです。 とくにW洗顔している人は乾燥しやすいので要注意です。また、ダイエットなども肌の栄養不足から肌荒れの原因になります。 肌本来の機能がいちじるしく低下した不健康な肌には美白が効きにくいというのは覚えておきましょう。

美白成分と肌との相性は無視できません!

美白成分と肌との相性は無視できません!

不健康な肌には美白が効きません。それともう1つ重要なのが使っている美白成分と肌との相性がよくないということも美白効果に影響します。

アルブチン、エラグ酸、ルシノール、4MSK、トラネキサム酸、カモミラETなど数多くの美白成分があるわけですが、こうした美白成分と肌との相性があるということなんです。

この相性というのは実際使ってみないとわかりません。人によって効果の出方や刺激が強い成分など肌に合う合わないがあるので一概にこれがおすすめとはいえないんですね。

肌に合わない美白成分を配合した美白美容液を使い続けたところで効果がでてくるはずもないですから、できればトライアルセットの段階で見極めたいところですが、 時間がかかっても1本使った時点で肌との相性を判断したいところです。

肌との相性は何でわかるかというと、肌に透明感が出てきたり、肌の明度が変わってくることでおおよその判断がつくはずです。 10日前後使っても何も変化を感じなかったり、肌への刺激を感じるようであればそれは相性が悪いということです。

自分に合った美白成分を見つけられるかどうかがそのまま美白効果を実感できるか否かにかかわってくるといえるので、人によっては時間もかかるし、お金もかかると思います。 美白ケアは他と比べて「根気・忍耐・我慢」が強いられるということは覚悟しておきましょう。

「美白コスメの選び方」その他メニュー