学生のための低コスト美白 | プチプラ&正しいケアで白肌ゲット!

日焼け止めの1回分の使用量が少ない

Whitening for teens that do not spend money.

学生のための低コスト美白TOP > よくある美白ケアの間違い >日焼け止めの1回分の使用量が少ない

本来使うべき量の1/4しか使っていないという事実

日焼け止めの1回分の使用量が少ない

若い肌にとって美白で一番重要なのは紫外線対策です。紫外線対策を徹底することさえできれば、5年、10年後にシミ・くすみといった肌悩みに苦しむことはないからです。

「10代のうちに一生で浴びる紫外線量の半分を浴びる」といわれていますから10代のうちにどれだけ紫外線対策を頑張ってきたかが将来の美肌を決めるといっても過言ではありません。

そんなわけで外出するときは肌が焼けないようにしっかり紫外線対策をしてほしいんですが、懸念すべきは日焼け止めを正しく使えてない人がほとんどだということ。

1平方センチメートルに2ミリグラムを均一に塗らないとサンケア指数(SPF・PA)どおりの効果は得られないということを理解している人が少ないんですね。

そのため自分ではしっかり日焼け止めしているはずなのに、肌が日焼けしてしまったり、一生懸命美白ケアをしているのに全然効果を実感できないといったことがでてきてしまうんです。1度しっかり日焼け止めの量を測って2ミリグラム取りだして1平方センチメートル(1円玉とほぼ同じ面積) に塗ってみてください。けっこう厚塗りになることがわかると思います。

平均すると本来使うべき量の1/4しか日焼け止めを使っていないそうですから、SPF50とかPA++++といった強力な日焼け止めを塗って紫外線対策は万全と思いきや、 全然UVカットができていなかったということがよくあるということなんです。

日焼け止めを正しく使って紫外線の影響によるメラニンの発生を抑制するというのが美白にとっては基本中の基本であり、大原則です。

美白ケアをしている肌は紫外線に弱くなってしまう!?

美白ケアをしている肌は紫外線に弱くなる

美白コスメを使って美白ケアをしはじめるようになればなおのこと紫外線対策を徹底しないといけません。理由は美白成分を肌に与えることでメラニン生成を抑制するからです。

シミの原因になるということで何かと悪者扱いされてしまうメラニンですが、本来は肌を紫外線から守るために存在するものです。それを美白成分の作用によって無理やり抑え込むわけですから美白ケアというのは肌を弱体化させることでもあるんです。

そんなメラニン生成が抑制された肌を日焼け止めを塗らずに紫外線にさらしてしまうようなことをすれば、通常時よりもダメージを受けてしまうというのはいうまでもありません。肌老化も加速してしまいます。

そのため美白コスメを使って美白ケアをしはじめたら、シミやくすみのない肌を選ぶ代わりに紫外線に対する防御力をみずから低下させてしまうことを選ぶということですから、日焼け止めを第二の皮膚として今後は考えていかなくてはならなくなります。

美白は決して肌にとっていいことをしているわけではないということは覚えておいてください。

ハイドロキノンなど非常に強い美白成分を利用した後というのは特に注意が必要で、極端にメラニンの生成を抑制してしまうので紫外線対策を怠るとむしろシミが悪化してしまうことも起きてきます。 なので、シミ用に使うスポッツケア用美白美容液などは基本的に夜だけの使用のはずです。

それを夜用のものを朝のスキンケアにも使うとか、美白効果が高そうという理由でシミ用のスポッツケア用美白美容液を顔全体に塗るといったことをして肌トラブルをこじらせている人もいるようなので美白コスメというのはとにかく自己流は厳禁です。

「よくある美白ケアの間違い」その他メニュー