学生のための低コスト美白 | プチプラ&正しいケアで白肌ゲット!

UVケアを手抜きして美白ケアは頑張ろうと思っている

Whitening for teens that do not spend money.

学生のための低コスト美白TOP > よくある美白ケアの間違い >UVケアを手抜きして美白ケアを頑張っている

紫外線が怖いのはメラニンができてしまうからじゃない!?

紫外線が怖い本当の理由

日頃から徹底して紫外線対策をするというのが美白を保つ大原則です。

なぜ美白にとって紫外線対策が重要かというとほとんどの人は「紫外線を浴びることでシミの原因になるメラニンができるから」と答えると思いますが、 メラニンが増えることがそのままシミの原因になるわけではありません。

その証拠に若い肌は日焼けして真っ黒な肌になっても時間が経てば元の肌色に戻りますし、シミが残るということがないことからも明らか。

肌の代謝のメカニズムがしっかり働いており、表皮に放出されたメラニンが古い角質と一緒に排出されていればシミはできないんですね。

ではなぜ、シミが残るようになるかというと紫外線によって細胞のDNAが傷つけられることでそのダメージが修復不可能なレベルに達すると肌の構造そのものが変性してしまうからです。 わかりやすく一言でいうと「バグが生じる」ということです。

バグが生じてしまった肌は、必要以上にメラニンを生成するようになったり、うまくメラニンを排出できなくなります。 つまり、シミの根本的な原因というのはメラニンではなく、紫外線による肌の構造の変性であり、細胞のDNAのエラーなんです。

だから日焼けしてメラニンが増えても美白コスメでメラニン対策をしておけばいいと考えるのはシミ対策としては大きな間違いを犯しているといえるわけです。 メラニンを減らせても紫外線によって肌組織や細胞が受けてしまったダメージというのは取り返しがつきませんから。

紫外線対策がなぜ大事なのか、理解してもらえたでしょうか?

これを読んでいる若い学生のみなさんはまだ肌老化とかシミが消えないなんていわれてもピンとこないと思いますが、ここで紹介した話はシミにかぎらず、 シワ・たるみ、毛穴の開きなど肌老化すべてに関わってくることです。肌老化の兆候がでてきてからあわせてて紫外線対策をするのと、 若い今のうちからやっておくのでは天と地の差が生まれてしまうということは覚えておくといいと思います。

今さら聞けない日焼け止めの選び方について

日焼け止めの選び方

紫外線対策の必須アイテムといえば日焼け止めです。どういった基準で選んでますか?

サンケア指数(SPF・PA)で選んでいる人が多いと思いますが、覚えておきたいのはSPFが高いほど紫外線カット力が強いわけではないということです。

簡単に説明するとSPFというのはUV-Bを防ぐ持続時間をあらわすものです。紫外線カット力についてはSPF15を超えると差はありません。 PAというのはUV-Aを防ぐ力をあらわすもので、これは「+」の数が多いほど紫外線カット力が強くなります。

よく日常生活用とレジャー用で2つ日焼け止めがいるというように紹介されることが多いですが、SPF15~20・PA++程度のものが1つあれば十分です。 というのも高SPF・高PAのものを使ったところで汗や皮脂で落ちるので2~3時間おきに塗り直さないと効果がないからです。

塗り直すことを考えると便利なのはパウダータイプです。紫外線吸収剤不使用の肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。 (※よくある日焼け止めの間違った使い方についてはこちらで詳しく解説しています。→日焼け止めの1回分の使用量が少ない

日本で一番売れている日焼け止めは資生堂のアネッサということで使っている人も多いと思いますが、個人的には「SPFが高いほどUV-Bを防ぐ効果が高い」なんて勘違いさせることをいってますし、 紫外線吸収剤を使っているから刺激も強め、汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプなんかもあるみたいですが、WPは肌が乾燥してしまうので使うのなら気をつけたほういいのかな?と思います。

顔以外に日焼けに気をつけたい部位は、頭・首元(うなじ含む)・手の甲といった季節に関係なく露出している部分。これらの部位は年齢が出る部分ともいわれていますよね。 腕や足は夏以外は露出していないこともあってそこまで紫外線ダメージが蓄積されていない気がしますが、肌を黒くしたくないのなら身体用の日焼け止めは塗るべきでしょうね。

「よくある美白ケアの間違い」その他メニュー